読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎゃしゃ浮砲台

浮足立った雑文

aikoを聴く①~『小さな丸い好日』

■序文

aikoという音楽家・作詞家をずっと避けている。
街中やCDショップでふと流れてくること以外では、出来るだけaikoの音楽に触れないようにしてきた。
嫌いだから、では無い。
好きになるに決まっているから、という気配がするから。
「好きになるのが怖い」、だから避けてきた。

 

確信的に思えてしまった楽曲は『桜の木の下』収録の「傷跡」という曲で、聴いた時に打ちのめされた感覚が、10数年経っても尾を引いている。
「傷跡」だけが特別なのか、本当に好きになってしまうのか、どんな点を好きになるのか、自分はaikoという怪物にどんな感覚で向き合うのか、そうこれは、怖いもの見たさ。

だから、aikoのアルバムを全て聴いてみよう、と思った。
耳から脳へ、aikoの声と音楽と言葉を注いだ時に自分がどうなるのか。

 


■1st Album『小さな丸い好日』

 

小さな丸い好日

小さな丸い好日

 

 発売日: 1999/4/21

----------------------------------------

1 オレンジな満月
2 ジェット
3 私生活
4 歌姫
5 赤い靴
6 イジワルな天使よ 世界を笑え!
7 恋堕ちる時
8 夏にマフラー
9 ボブ
10 ナキ・ムシ
11 あした

----------------------------------------

 

aikoっぽい。どの曲も一聴でaikoだ。
現在まで続くaiko流儀はこの時点で完成していた。完成というか、ここから大きな変化など無いのだろう。音楽と言葉の流儀は変わらず、時を経て変化するのはaikoの恋愛事情だけだ。

そんな憶測を現時点で感じるほど、「aikoっぽさ」だらけ。

 

「オレンジな満月」の歪な譜割り、「歌姫」の歌メロ着地点の曖昧さ、のようなセオリーから外れる不安定さを常に抱えているため、こちらの気持ちをザワつかせる。
不安定なメロディーを異常な歌唱スキルで納得させてしまうボーカルは、不安定なフリをしながら恋愛の主導権を握ろうとするaiko歌詞世界とぴったりとリンクする。

 

「あなたが飼い主ならば あたしは忠義を尽くす物に変わる こんなに好きなんだから 手を引く権利をあたしに下さい」(私生活)

 

ズバ抜けて一番、このアルバムとaiko流儀を象徴するのが「恋堕ちる時」。
リズミカルなのに歪なメロディーを乗りこなしながら、クドいほど"あなた"を求め続ける視線。
「ずっと、恋に満たされない」が一番魅力的なaikoだ。

歌い出しの一息のブレス、「におい」という言葉にまとわり付くエロス。

耳のうしろのにおいがのどを通ったなら あたしはあなたなしでは生きてゆけない体になるだろう(恋堕ちる時)

「におい」「かおり」という言葉はaikoの世界、特にエロスへ直結するイメージで、最も危険なトラップである。
aikoのにおい、に堕ちる準備は出来た。

 

あと、1~10曲でアルバム本編終了、という構成で最後の「あした」はビジネス上のオマケという位置づけでaikoらしさが全面に出てこないものの、サビ前で「え?これFolder?」と脊髄反射で期待してしまうコモリタミノル節は最高です。

「友達」の定義~ドラマ『火花』感想

先日、数年ぶりにパーマをあてた。(パーマあてる、って関西方面の言葉なんやな)
20年来の付き合いになる美容師さんに「チリチリ一歩手前くらいで」というリクエストとともに見せた画像が、Netflixドラマ『火花』の波岡一喜演じる"神谷さん"だった。
"神谷さん"というキャラクターの成分を自分に注入してみたい、と触発されたのは間違いない。

 


火花 予告編(30秒Ver)


尊敬や依存が混ぜこぜになって関係性が交錯する徳永と神谷という二人を見て、ずっと考えていたのが「友達」という言葉について。
主人公・徳永の視点から向き合う2人の人物は「相方:山下」と「師匠:神谷」。徳永の生涯で出会うであろう人間の中で、最も濃密な時間を過ごす2人との存在は「友達」と呼べるものであろうか。

 

日常的に「友達」という言葉を用いる場面は多い。
でも、自分に関わりあって日々を仲良く過ごしている人たちが全てが当てはまるかというと、そうではない感覚があって。ずっとずっと、言葉の基準・定義を探している。照れ臭いんだ、「友達」という言葉が。

 

徳永は、相方・山下を「友達」と思い、呼び続けるだろうか。2人はきっと人生の節目を共有し続けるだろう。山下の子供が生まれた、徳永が結婚した、家を買った、学生時代の友人が亡くなった、と人生のシーンで何度も再会し縁は続いていきそうだ。でも、「友達」とは呼びそうにない。「元・相方」という距離感。

憧れ、共鳴し、傷付けても許し、断続的にも、共にいる。そんな神谷との関係が「友達」という言葉の距離感だな、と感じた。

 

多くの人と時を共有することも美味な感覚であるけれど、神谷のような人に、驚き、共鳴し、許し合えるような感覚こそ、人と出会う喜びの真髄だと思う。

 

これから先の人生で、何人の「友達」を見つけられるのだろうか。

贅沢だとは思うけど、自分はまだまだ欲している、「友達」を。

驚嘆し共感する「友達」に出会いたくなる、そんな心の奥底の思いがスパークしまくった、Netflix『花火』。

「好き」の理由はふんわりと

2017年3月。迎えるまで現実感の抱けなかった日が、さらりと過ぎ去ってしまった。

Especiaが解散した。

 

2013年から今まで、あたり構わず「Especiaが良いよ」と話し、薦め続けてきた。
「アーバン」「ファンキー」「グルーヴ」「バブル」「ユルさ」「成長」「オタクたち」「ごっこ遊び」「概念」、色んな言葉を連ねて興味を持ってもらいたいな、と思って話しながらも、自身が感じていたEspeciaの魅力の核を表現できている感覚が無かった。

解散ライブが終わった夜に思い浮かんだ言葉が、最もしっくり来た。

「笑顔が素敵な人たち」

あぁ、コレだったんだ。ふんわりとしているけれど、Especiaを好きな一番の理由、感覚が見つかった。

 

自分が観てきた6人時代から第2章の3人時代まで、メンバーだった7人は、みんなステージ上での笑顔が素敵な人たちだった。
辛いことも、上手くいかないことも、面倒なことも抱えていたであろうけど、ステージ上で輝く彼女たちの笑顔に、ずっと魔法をかけられ続けてきたんだ。

好き、の理由は捏ね繰り回した言葉で探さずとも、単純なことだった。

 

たくさんの笑顔が思い浮かぶ風景をありがとう。

彼女たちの笑顔が、これからの人生でも、続いていきますように。

 

------------------------------

 

2017年4月1日、暦もしっかりと春を刻んだ土曜日。
家で料理をしながら口ずさんでいたメロディーが『スカイタイム』だった。

ふんわりとEspeciaの音楽と存在がある日々。

ふんわりと、くらいの距離感で好きでい続けれられたらいいな。

名前負け、なんて言わないで

未だに、企業間の年末年始ご挨拶ツールとして重用されるのが「カレンダー」と「手帳」の2大アイテム。
贈る方も贈られる方も双方に有益だった時代があったのかもしれないけど、今や挨拶贈答という意味だけを乗せたこのアイテムたちを、誰が欲しているのだろう、謎だ。

でも、カレンダー・手帳業界からするとデッカいシノギなんだろうなぁ、と遠い目で呆れ返ってしまうほどに、カレンダーや手帳が溢れている現場に遭遇した。
担当者がこちらも向こうも複数入り乱れての取引関係、なんて状態になると同じアイテムが社内にわんさか。
とにかく異様に目に付いたのが、チャレンジお取り潰し待った無しなのに経費削減しないのかよ、とツッコまざるを得なかった東芝とグループ各社。
染み付いた文化で誰も止めようと言えないんだろうなぁ。
担当者も印刷会社か代理店への丸投げで、誰もが疑問に思わないルーティンで生まれる産物。
これも一種の産業廃棄物か。

そんな「カレンダー」「手帳」類で、個人的に入手して有益だったものの1つが、「SECOM DIARY(2017年版)」。
セコム株式会社の手帳です。関係者筋から頂いたんですが、社内用なのかな?
いや、使ってないんですけどね。手帳としての有用性ではなく、単にアイテムとしておもしろかっただけ。

とにかくデカい。A4サイズ、厚さ1cmちょいの手帳としては大ボリューム。
毎月冒頭ページと週スケジュール上部に挿入される商品や事業展開の情報がてんこ盛り。
「へー、7月5-6日はセコムの日なんだ」(7=セ、5=コ、6=ム)とか、
やたらと「日本初」を謳いまくるところとか、前時代的な日本企業感が溢れていて、とても好ましい。
20年位着込まれたおっさんのスーツ、って感じのクタリ方している様式美。
堅実なんだろうなぁ、という事が手帳からビシバシと伝わる。

 

わざわざ記しておきたかったのは、この手帳で初めて知った商品の名前にとてもときめいたから。

「トマホークジェットアルファ」

セコム社の商品でこんな名称だから、ミサイル撃墜システムか何か、とか思った。
なんの事は無い、コンロ火災自動消火システム、がその正体で。

 


「トマホークジェットアルファ」ご紹介~セコムのコンロ火災自動消火システム~【防災】|セコム


いや、なんの事は無いなんて言えない。コンロ火災も大きな災害だ。安全・安心を守る企業として、技術を活かした素晴らしいソリューションですよ。
でもさ、「トマホークジェットアルファ」って名前は仰々し過ぎるだろ、という点がもの凄くツボにハマっている。
調べてみると姉妹商品で「トマホークEX」とか「トマホークⅢ」とかあるんだけど、「トマホークジェットアルファ」の音感が一番好き。無駄にかっこいい。

 

真夜中2時を過ぎてから呟くと、毎度腹筋がちぎれてしまう言葉、それがトマホークジェットアルファ。

なんでこんな事をツラツラ書いてしまったんだろう。
でも、それくらい好きなワードなんだよ、トマホークジェットアルファ。

 

緩く美しく~『片道映画一本分』

映画館の心地良さは、映画を観るという感覚以外が閉じられる、暗闇の曖昧さがあるから。


日乃チハヤ『片道映画一本分』を読んだ。

 

片道映画一本分 (EDGE COMIX)

片道映画一本分 (EDGE COMIX)

 

 (あらすじ)

「何って…そんなん……あんたに会いに来てんじゃん」

メガネとチャラ男は映画館で映画を観る間だけの関係。
特に約束もなく、ましてや友達でもないふたりだが、
何故か毎週末を一緒に過ごすように――。
しかし、そのリズムが崩れる出来事がおきて…?

--------------------------------------

先般、友人の転勤に伴う壮行会で久々に会った女性たちと、映画デートが有りか無しか、という話題になった。
意見を求められた時に答えたのは「ある程度の関係性、セックス儀礼通過済、で興味が共有できる作品なら有りだけど、1回目デートとしては無し」であった。
なんだろう、発想が貧しいなとも思うけど、「その二時間が勿体無い」と思ってしまう。それよりももっと相手の事が知りたいし、こちらを知ってほしいのに、と。
でもある女性が「1回目のデートだからこそ、映画を観ている間、観終えてからの時間で、相性を計っている」と話していた。
そんな事も、ふと思い出した。

--------------------------------------

『片道映画一本分』を読み終えて、頭の中に漂ったワードが「曖昧」という言葉だった。
主人公2人に交わされる感情、関係性の段階にはっきりとした名付けや、定義付けるような行為がささやかで、ふんわりとしているからだ。


物語としての起伏はあまり無い。
メガネの引っ越し、は互いの感情を確認するための機能として物語を転がしてくれるが、それもまぁ地球の裏側などという距離ではない。
あぁ、でも、この距離感が絶妙なんだよな。

10代の頃の進学や、社会人スタートの就職に伴う移動なんかは、今では大した距離では無くても少し離れるだけで絶望的に感じて、それが理由で疎遠になったり、恋愛が消失したりする。いや、それを理由にしていただけかもしれない。
そういう理由にできない「会えなくも無い」距離に、気になって仕方が無い人がいたら、それはとても甘美に胸を掻きむしる状況となるだろう。そんな甘さを本作はジンジンと染み込ませてくれた。

 

メガネとチャラ男、二人は自分たちの関係性を定義付けない。
「隣で映画を観たいと思う人」で留まっている感覚は、なんて尊いんだろう。
「映画を観終えてから感想を交わしたい人」では無く、もっと感覚的で。

 

ぼんやり見える程度の暗さの中で、真正面でなく隣で、薄っすらと漏れた言葉で、お互いに共鳴できる何かを感じ取れるかもしれない、という魔法が生まれる場所かもね、映画館って。
本作を締め括る一言、とても好みです。曖昧が美味しい。

セルフプロデュースという蟻地獄~及川光博「FUNK A LA MODE」視聴考

本日解禁された及川光博『FUNK A LA MODE』の全曲試聴を聞き終えて、まず思い付いた感想が「バタくさい」であった。

この一言では収まりきらない、奥歯に挟まり渦巻いている悶々とした感情を整理したい。

及川光博/FUNK A LA MODE 視聴サイト

www.jvcmusic.co.jp

 

目次

 

  • 1.名刺代わりはソレじゃない
  • 2.「意外性」の迷走
  • 3.ジローラモかよ
  • 4.FUNKを掲げるなら
  • 5.あなたは生徒会長

 

 

1.名刺代わりはソレじゃない

まずMVも公開されたアルバムリード曲『紅のマスカレード』。

www.youtube.com


ブラスとパーカッションとホイッスルの音も鳴り響くラテン風ビートに乗りながら、あえてゆったりと漂うような歌声で魅せる大人の魅力。。。に浸る前にみんな思い浮かんじゃうだろ。
「これ、セクシー・ユーやん!!」

www.youtube.com

 

ニュアンスを狙うだけに留まらず、40秒ほどしか無い視聴音源でここまで想起させちゃうメロディーはいかんでしょ。

「セクシー・ユー/くれない」の言葉の重なり方とか、確信犯なんだろうけど、最近のミッチーのプロデュースの大きな墓穴はこの「確信犯」という感覚であると思う。
「あ、歌謡曲アプローチね。はいはい。それもいいよねー」とか全ベイベー・男子が肯定すると思ってんのかよ!
じゃあなんで、プリンス・ロジャー・ネルソンが没した翌年にわざわざ「FUNK」なんて冠したアルバムつくってんだよ!
あなたにとってのFUNKってそんなものなのかよ!

 

あと、『セクシー・ユー』の現代的昇華手法は純烈の方がキャラクターも魅せ方も圧倒的に正しいから!!

www.youtube.com


2.「意外性」の迷走

ミッチーの非凡であり他のアーティストに無い点は、「求める自分と求められる自分」を見事に着地させてきた手腕な訳で、意外な楽曲・活動の方針も今では歴史の一部となってほぼ昇華している。
手を変え品を変え、で20年を超えても楽しませてくれることは本当に有り難いのだけれど、ここ数年のアプローチはミッチー自身も昇華できていない面があるのではないだろうか。
そうだよ、「DANSHIN DANCIN'」のEDM路線だよ。本人もファンも「そんな時代もあったよねと」なんて思いを馳せてひっそりしまいこんでいるんじゃないか。

逆張りの意外性がミッチーの異端性を際立たせてきたことも事実で、『僕のセリー』や『流星』『銀河伝説』のようなロック押しの方法論を得たことも功績だけど、そろそろ無理な意外性を続けなくてもいいんじゃないか。
ミッチーの多面性を愛しながら、意外性だけを求めているんじゃない。
男心EDMも今回の『紅のマスカレード』も、意外性のセルフプロデュースという志向が足枷になってるように映る。
長年の経験で得てきた流儀を高めてよ、もっと。
何度も言うけどさ、このタイミング(2017年)で「FUNK」と冠したアルバムなんだろ!得意技ブチかましてクラクラさせてくれよ!


3.ジローラモかよ

楽曲よりもっと話題になりそうなのが「初回限定盤B」のジャケ写だ。

金髪!?!?メッシュだと!?!?
髪型に大きな変化の無い人だから、この金髪メッシュも「意外性」なんだろうけどさ、40代後半の男性がこういうスタイルに進んじゃうと、妙に色気付いた成金ギラつき親父臭くなる。
LEON親父化、ジローラモ化ですよ。こんなの。

ちゃいますやん!!
エレガントでファンキー。
エレガントで艶っぽい。
エレガントで知的。
エレガントで情熱的。
この幅広な魅力が際立つから、エレガントな髪型なんでしょ!

金髪メッシュが許されるのは30歳までの、ルックスもキャラクターもストリート感を持ってる人じゃないと、一気に地方のヤンキー系譜になっちゃうんだよ。
(俺認定)日本一金髪メッシュが許される男前、ことSKY-HI日高光啓(みつひろ!)も30歳を向かえて黒髪モードに変化したってのに。。。

www.youtube.com



4.FUNKを掲げるなら

なんで、せめて『愛し愛されまSHOW☆』をリード曲にしないのか。

ブラス隊を引き連れて、ギラギラスーツで、紫のどエロい照明で、女性ダンサーとエロエロ絡んで「忘れられない夜にしましょう」とキメる。
これこそ、極めてきた流儀、伝家の宝刀でしょう。
胸を張って名刺にしてくれよ。こういうミッチーを信じてきたんだよ。
意外性を持たせつつ現代的なFUNKモードでアプローチするなら『アクアリウム』一択で、SuchmosやWONKやcero好き世代に聴かせてどんな反応するのか知りたいんだけど、それってやっぱり流儀ど真ん中じゃないからな。
やっぱりさ、ラテンじゃない。シティのファンクじゃない。アンダー・ザ・ミラーボールですよ。


5.あなたは生徒会長

ラテン歌謡も金髪メッシュも堂に入ったスタイルじゃなくて、「なんちゃって」でやってみました、と見えちゃうんだよ。

出来杉君が40代になってLEON読んでサルサ習い出す、みたいな中年デビュー感。
『sure danse』をカバーしてくれたのはすげえ嬉しいんだけど、「あえて」もスパイスにした石井竜也のような肝の座った北関東のベテランホストみたいなチャラつき方は、どうやっても出来ないんだから。


ヤンキーにもホストにもできない、生徒会長(実は変態)だからこそ出来るFUNKを魅せてよ。

 

f:id:gyasyaukihoudai:20170322230650j:plain

浮砲台

浮き砲台(うきほうだい)とは、水上に浮かぶ構造物に武装を施した兵器ないし陣地の一種である。通常の軍艦と比べると、大型の武装を有している点で共通するほかは異質な存在である。しばしば間に合わせや実験目的で作られた。

-引用元:Wikipedia

 

日々記録用ブログは「ぎゃしゃ砲台」

http://blog.livedoor.jp/gyasyahoudai/

 

浮足立った雑文ブログは「ぎゃしゃ浮砲台」

http://gyasyaukihoudai.hatenablog.jp/